作業員

本体よりも壊れやすい

スイッチ交換は危険作業です

作業員

大抵の住宅は一度建築してしまえば誰もが長く住み続けることを希望するでしょう。しかし、住み続けていれば各所は経年劣化が進み不具合も発生していきます。特に頻繁に使用する箇所ほど故障は発生しやすくなります。住宅で使用頻度の高い器具として照明が挙げられます。照明器具は毎日使用しますが、照明本体よりも直接触れているスイッチが故障し易いですからスイッチ交換が必要になることも多い傾向にあります。照明器具のスイッチ交換は複雑で長期的な工事が必要な訳ではないことが一般的です。しかし、電気工事には危険が伴いますからスイッチ交換は原則的に電気工事士の資格を所有している者しか工事を行うことは許可されていないことを知っておきましょう。

早期の交換で家事等の危険を防ぎましょう

住宅内において照明器具のスイッチは一日の内でも何度も点灯・消灯のために触れるため、不具合が生じると日常生活に支障が出る可能性がありますから、早期にスイッチ交換をしなければなりません。しかし、スイッチ交換は生活上の利便性だけで必要な訳ではありません。スイッチが故障している原因が内部の接触不良である場合、照明が点灯するからと言ってスイッチ交換をせずに使い続けていれば過電流等の不具合が生じて火災の原因になる可能性があります。電気工事士の有資格者が行うスイッチ交換工事は長時間必要な工事ではないので、同時に漏電等の確認や他の不具合個所をチェックしてもらうことで住宅全般の健全性を高める機会にすることができます。